佐賀の水質検査 作業環境 騒音 悪臭 環境調査の一般財団法人佐賀県環境科学検査協会

採用情報

定期採用の募集受付は終了致しました。
ご希望の方は、直接お問い合わせ下さい。

担当:福岡・野本

3年間の採用実績(新卒及びキャリア)
  2019年度:2名
  2018年度:5名
  2017年度:2名

出身学校
  佐賀大学、九州大学、九州工業大学、長崎大学、宮崎大学、鹿児島大学、福岡大学、
  九州産業大学、福岡工業大学、東和大学、筑紫女学園大学、久留米工業大学、崇城大学、
  熊本工業大学、南九州大学、広島大学、岡山理科大学、近畿大学、京都女子大学、
  宇都宮大学、中央大学、日本大学、東京農業大学、大東文化大学、 他



スタッフの声 



部署名:法定検査部 検査第二課
技 師 田 中

どのような仕事ですか?

法定検査部では、浄化槽法定検査と、簡易専用水道法定検査を行っています。私が担当しているのは、佐賀県全域に設置された浄化槽の現場検査です。
お客様に感謝の言葉をいただいたときは達成感と同時にやりがいも感じます。


Tanaka

仕事をしている時に面白いと思ったことは?

浄化槽検査を実施し指摘事項をあげておき、次に同じ場所へ検査に行ったときに、きちんと改善され正常に運転されているときは自分の知識や経験が地域の環境を 守ることに役に立っていると考えると面白味も有り、またやりがいにも繋がります。

今後の目標は?

協会では、さまざまな業務があるので、資格取得などスキルアップに努め、現在の業務以外にも対応できる人材になりたいです。





部署名:環境事業本部 分析G 分析一課
技 師 矢 動 丸

どのような仕事ですか?

水質検査をメインに担当しています。皆様が口にされる飲料水からプールの水、浴槽水や河川の水、工場の排出水と、ありとあらゆる水のpHを測る検査をしています。
分析グループの業務は、直接お客様と会うことは、ほとんどありません。しかし私たちが出した結果によって、そのお客様が安心して生活できると思うと、 とてもやりがいがあります。地域の皆様の下支えとして、活躍していると自負しています。


Yadoumaru
仕事をしている時に面白いと思ったことは?

入ってくる検体が様々なので、小さい子からお年寄りまで幅広く、本当に地域の皆様に繋がっている仕事なのだと思います。

今後の目標は?

資格取得を目指し、技術面でも必要とされる人材になりたいです。環境のプロとして、地域の皆様の生活に貢献し続けます。





部署名:環境事業本部 分析G 分析二課
技 師 谷 口

どのような仕事をしていますか?

主な業務内容としては、分析機器を用いて水質、悪臭、農薬の分析を行っています。
現場に出て直接お客様と接することは無いのですが、自分自身で分析した結果をみて、 ちょっとした違いや現場に出られている方々の意見を聞くことで、どういったことが環境に影響しているなど、結果と照らし合わせることで実感することがあり、そのときにやりがいを感じます。

仕事をしている時に面白いと思ったことは?

機器の原理や私の知識が増えたときに面白いと感じました。


Taniguchi
今後の目標は?

まずは今の仕事に慣れ、正確にそして迅速に分析結果を提出できる様になり、時間の余裕ができたところで他の業務を手伝うことで、 私自身のスキルアップを目指していきたいと考えています。また、たくさんの資格取得に挑戦していきたいです。





部署名:環境事業本部 業務G 業務課
主 事 宮 﨑

どのような仕事ですか?

主にご依頼いただいた飲料水(水道水や井戸水など)・食品の受付業務や、検査結果をお客様へお届けする検査結果書の発行業務や報告書の作成、 電話対応などの業務を担当しています。
電話などの問合せでお客様に「ありがとう」と感謝の言葉を頂いたとき、やりがいを感じます。


Miyazaki
仕事をしている時に面白いと思ったことは?

業務を進める上で他の部署と連絡を取り、多くの人の力を合わせて一つの業務を完了させていくところが面白いと思います。

今後の目標は?

専門的な知識をもっと身につけ、今後の業務に役立てていきたいです。